コンスタンティン (2005/アメリカ)

監督 フランシス・ローレンス
出演 キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ、ティルダ・スウィントン、ブルイット・テイラー・ビンス、ジャイモン・フンスー、ギャビン・ロズデイル

(ストーリー)
かつて2分間だけ自殺に成功したことで、死後の行き先が地獄に決定したジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)は、天国への切符を手にするため、自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなる。しかし、その悪魔祓いの最中、ジョンは、地上を成立させている、天国と地獄の均衡が崩れかけていることに気付く。

(評価)
70点

(感想)
キリスト教の匂いがやや強かったけど、まぁ、面白かったです。
初っ端から悪魔祓いのシーンだったので退屈しなかった。
夜、街の明かりをダウンさせて暗闇の中、襲って来た悪魔もなかなかの迫力だったし、”地獄”の描写にしても、けっこう見応えがあった。でも、後半に入ると、パワーダウンした感が・・・。最初に悪魔に憑かれていた女性の動きが一番”悪魔”っぽかった。
ガブリエルは本来、大天使のはずなのに使いっ走りのイメージしかしなかった。
あと、”禁煙大国アメリカ”らしい造りになってるので、愛煙家には辛い面もあるかも。

キアヌは老けた(主に額とか・・・)けど、二枚目キャラを続けるのには問題無さそうです。

このページの一番上へ